【日本酒フェア2018】awa酒協会ブースへ

2018.6.18

日本酒好きにはたまらないイベント
「日本酒フェア2018」に行ってきました!

会場にはたくさんの人が。

私、なんといっても
泡酒アンバサダーということで
まずは我先に
awa酒協会ブースへ!

まるでシャンパンタワーのような
日本酒の泡ボトルたち♡

ブースでは8つの蔵元の
泡の日本酒を
試飲することができました♪

一部をご紹介すると…
永井酒造の
「THE MIZUBASHO PURE」↓↓

スッキリしていて
お食事にも合わせやすい泡です。

続いて、滝澤酒造さんの「菊泉ひとすじ」↓↓

甘味のしっかりした
日本酒が苦手な女性も
好きになりそうな
優しいテイスト。

ラベルが幻想的な
千代むすび酒造さんの
「CHIYOMUSUBI SORAH」↓↓

和製シャンパンという言葉がぴったりの
爽やかな飲み口。

最後は山梨銘醸さんの
「七賢 星ノ輝」↓↓

吟醸のふわっとした香りを楽しめて
でも飲み口はドライです。

七賢さんでは
他に3つの泡を造っていらして
以前、島田律子さんが主催の
七賢さんのイベントで
ウイスキー「白州」の樽に寝かせた
「杜ノ奏」という泡の日本酒を
いただいたことがあります。

泡が3種もあるなんて
それだけ泡に対する想いも
深いのだな、と思いました。

今回のお酒もどちらも
とーっても美味しかった(≧▽≦)

ここ2~3年で様々な蔵で
日本酒の泡のお酒が増えて
とても嬉しいワタクシですが

awa酒協会さんでは
特に厳しい基準を設けていて

◇米、米こうじ及び水のみを使用し、日本酒であること
◇国産米を100%使用し、かつ農産物検査法により3等以上に格付けされた米を原料とするものであること
◇醸造中の自然発酵による炭酸ガスのみを保有していること
◇外観は視覚的に透明であり、抜栓後容器に注いだ時に一筋泡を生じること
◇アルコール分は、10度以上であること
◇ガス圧は20℃で3.5バール(0.35メガパスカル)以上であること

という厳格な基準をクリアした日本酒しか
認定を受けられないことになっています。

しかも、毎年必ず審査があるので
出展していた蔵元さんも
「今年は大丈夫かなーと
 ドキドキしています」と
笑っておっしゃってました。

私も海外の方向けに
お酒のイベントを主宰する際に
泡を呑んでいただくと
ファンがあっという間に増えるなあ、と
実感しています。

「SAKE」に興味がなかった方も
好きになる、そんな力が
泡の日本酒にはあると思います。

そういう意味でも
これからの活躍が楽しみですね!

ご一緒にカメラに映って下さったのは
awa酒協会理事長で永井酒造の
永井則吉さん。

どうもありがとうございました!!






kajin45

TOKYO/LONDON/BANKOK

SAKE Brand Designer/WOMAM事業プロデューサー/ママアナウンサー / オフィシャルプレス事業Muse party代表

坂上愛佳

好きな日本酒の銘柄:一ノ蔵すず音/麒麟山/宗玄/手取川/鮎正宗/発泡和酒

フジテレビアナウンススクールの研修を受け、フジテレビにてリポーターなどを経験し、フリーアナウンサー事務所に所属。 アナウンサーとして、リポーター・ナレーション・MC・モデルなど幅広く経験。 息子を出産後の0歳3か月に、東京都中央区を拠点にママ応援コミュニティ【Himemama】(ひめまま)を設立。 ママとベビーが共に学び、体感できる環境作りを行う。 行政や病院、企業との協業事業として、0歳からのコンサートやママフェス、ママパーティやかけっこ教室、地方移住体験ツアーなどをプロデュースし実施。子育て支援の輪は⾸都圏・新潟・神⼾・広島・福岡へと広がり、バンコク・ロンドン・クアラルンプ ール・上海にも展開している。現在、活動は10年になり、ママ会員は総計5088名。 子育て支援活動でママのリアルな声を聴き、女性の働き方の多様性を強く実感。 一般社団法人ウーマン・イノベーション協会の理事となり、女性が結婚・妊娠・育児の経験を活かしながら活躍できる働き方の意義を内閣府や行政に発信する活動に参画。より柔軟性・多様性の認められる女性の働き方をビジネスで解決するために【Muse Party】(ミューズパーティ)をスタート。企業の公認アンバサダーサービス「オフィシャルプレス」事業を主軸に展開する。 女性支援・子育て支援事業の他、⽇本酒の啓蒙活動にも取組み、海外と女性向けのブランディングコンサルを行う。 『美食と美酒のマリアージュ』の会を主宰。 ⽇本酒・ワインに関するコラムも執筆。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top